私の日記。

何故か今更KinKi Kidsにはまった25歳のブログ@Domotoftr

02.Purity

f:id:tsfstlove:20151120205326j:image


雷様が君臨され、豪雨で中止になった伝説のライブ。動画サイトで偶然出会ったあのPurity
雨に打たれ、ギターを掻き鳴らす姿は心が震えた。歌詞サイトで何の曲かすぐに調べたことを思い出す。ほんとに大好きです、この曲。
すぐにROSSO E AZZURROを買いに行ってこの映像が欲しいがためにDVD買いに行って愛されるよりも〜PVのつよっさんの色気に悶えた話はまた今度。ネタ尽きないね〜。





堂本剛「僕はこんな人間です。」というアイドルの「僕」と本当の「僕」を客観視し始める1曲。

とあるブログ様では「これからの堂本剛。この曲が受け入れられなければ、先を応援することが難しくなる人もいるだろう」と、アルバムが発売された当時に生々しく書き残されている。





これが子供のころに
目指した場所か 夢なんか
いつも強く突き刺さる歌詞。
その場所にいるアイドルの堂本剛を応援していたお姉さま方からすると、きついなぁ…。どんな気持ちで聴いていただろう。
実際に、ソロに進めば進むほど離れていったファンもいると剛さん本人も語っている。

でも、私はそんな正直な堂本剛が好きだよ!!大声
思いをぶつける歌い方と声ももっと大好きだよ!!




ただ一人
僕はお前だけ信じて
愛して しゃぶって
キスしてたい

完全ドえろにしか聞こえなかった半年前の私は若い笑

色々自分の中で解釈したんだけど、信じることや愛することが出来なくなったけどそんな自分が悲しくて、辛くて、とびっきり人を愛せたら幸せだなって。

しゃぶるのがまぁ大問題な部分だけど、例えばスルメね。考え方おばちゃんでごめんなさいね。
スルメってずっと嚙めるでしょ。しゃぶるというか。美味しい味が出続けるじゃないですか。
そんな美味しい部分をずっとしゃぶってたいな。ずっと愛にひたっていたいな。ということかなーなんて。Purityはスルメってことだよね、つまりね。違





まぁでもよく歌詞が通ったなぁ。2000年前後なんてまだまだアイドル絶頂期。それほど彼はアイドルとしての僕に限界を感じていたのか。それは歌詞を見れば一目瞭然なんだけど。
彼努力あって、周りの理解があって。

未来の彼は言うのです。
「愛おしいですよね。」

ちょうどこの記事を書いてる最中に届いたDVD。なんだか、涙が。最近涙腺弱いよね。コウノドリとか嗚咽でるほど泣くしね笑

しゃぶらなくったって、堂本剛を愛してくれる存在が。

Purityを作った当時の彼にこのDVDが届けられたらなら。どんな顔をするのでしょうか。
泣くでしょうか。驚くでしょうか。それとも…