私の日記。

何故か今更KinKi Kidsにはまった25歳のブログ@Domotoftr

堂本剛とENDLICHERI☆ENDLICHERI

f:id:tsfstlove:20151019213049j:image

平安神宮から1か月。
避けていたI AND 愛やCowardを聴いている。

中でも最近の大好きな曲は美しく在る為に
堂本剛の繊細さが詰まっている。なんて贅沢な1曲。

不完全の美しく在る為にを見てしまってからは更に大好きになってしまった。
あの後光を少ずつ少しずつ詰む繊細な手の動き。光を掴むことができないはずなのに。光が溶け込むように手に触れるあの仕草は、剛さんはやっぱり神に召された人だと確認する。


これを聴いてからは、浄化されるような気持ちにもなるけれども歌詞を見ると闇が深すぎる。底が見えない。だから、この曲を聴くとまた胸が痛いけど聴きたいというドMです。生で聴いたら多分死んでもいい。



私が思うに、2000年から2003年までが剛さんの闇ピーク時期のように感じていた。
2000年にまるで自分は使い捨てのコンタクトレンズじゃないかと笑いながら話している。(←私はこれで泣いた。)

不完全を知ってからは剛さんの闇はピーク以降も終わってないということに気づく。それがとってもショックだった。

たまにKinKi Kidsの活動と堂本剛のソロを比較して見ることがある。ピークの時期はKinKi Kidsでも明らかに闇がすごい。でも2004年からはバッサリ。闇を感じることがなくなってきている。だから私は闇ピーク期は終わったのだと思っていた。十六茶のCMとかされたらそう思うじゃない…

でも違う。堂本剛からENDLICHERI☆ENDLICHERI名義を変えたように、KinKi Kids堂本剛本性の堂本剛としてのENDLICHERIと完全に別物になっている。
だから私はKinKi Kids堂本剛しか見てなかったから、そう感じたのだろう。自分浅はか〜_(:3 」∠)_

でもそうすることができたのも、剛さんが少しずつ音楽に救われてきているということだとも思うのです。もう…辛いからそう思わせて…。ほんと使い捨てコンタクトレンズなんて言わんといて…←トラウマ




美しく在る為には美しいだけじゃない。
この曲って残酷だなって思うことがあって。
冷たいが全てではないわ
温もりが全てではないわ
普通ならば、こう書きませんか?
温もりが全てではないわ
冷たいが全てではないわ
並べ方の違いで意味と曲の雰囲気が変わる。
剛さんの並べ方って、冷たい残酷な方から並べるから印象が鋭い。救われない書き方だなって。
ほんで温もりが全てでもなく冷たいが全てでもないんやったらいやもうどっちやねんっていう。

結局おとぎ話みたいに奇麗には終わるけど。
救われる曲とも言われるが、私からすると闇深すぎぃいい。です。まじで闇が宇宙かと思う。この曲聴いてる時自分がたった一人宇宙に浮かんだような孤独な気持ちになる。ゼログラビティ。

こういう歌詞が書けるのも、剛さんの心が清く美しいからなのか…それとも少し残酷からなのか…。それは誰にもわからない…。

この先も このまま歩くの?
そうよこの先もこのまま歩くの
震る。剛さんの強さが一番出てる。
歩き続けてくださってありがとうございます。
だから、私はこうやって人間として
素晴らしい尊い人に出会えたのです。
貴方は今日も力強く生きている。


不完全のDVDは本日Amazonで購入しましたので、また感想は折り入って書かせて頂きます。
あーまた一つ闇剛さんを知ってしまう〜!←嬉しそう



堂本剛ENDLICHERI☆ENDLICHERIは全く別の扱いをするというお姉さま方、申し訳ございません。私は堂本剛の本性がケリーという観念のため、文中は剛さんと呼ばせて頂いております。